記事
平成25年のJRMA合宿研修が、昨年の熱海方面とはうって変わって、新緑が目にしみる群馬県妻恋村のホテル軽井沢1130に舞台を移し、6月8日(土)~9日(日)の二日間の日程で約40名のメンバーが参集し行われました。
研修会は、杉本代表理事の開会挨拶に続き、第一部で全国賃貸住宅新聞社取締役の吉松こころ氏により“取材活動から見た入居者動向と勝ち組家主の対策 ”という題目の講演、また第二部ではヤシマ工業(株)の橘氏による“建物価値を守る大規模修繕”という講演がありました。夕食後の懇親会は相変わらず大盛り上がりで、二次会部屋に終結したメンバーは夜明け近くまでの賃貸不動産談義に花を咲かせておりました。翌日は前日同様ヤシマ工業(株)の橘氏によりケーススタディとして会員所有の建物3棟の診断結果が発表され、大規模修繕の参考事例としました。
研修は正午に宮坂代表副理事の閉会挨拶で幕を閉じました。

 

gashuku2013_01_thumb gashuku2013_03_thumb gashuku2013_04_thumb
 代表理事の挨拶 吉松氏の講演 橘氏の講演
130608_1339-01_thumb
ホテル屋上から見た浅間山
gashuku2013_05_thumb gashuku2013_06_thumb gashuku2013_07_thumb
夕食風景 ウクレレ演奏も飛び出した二次会  二日目の講演

 

gashuku2013_09s
 全員集合です!!